ディスプレイケーブルは人によって呼び方がD-subだったり、VGAだったりします。ですが、この両者は厳密にいうと少し異なります。今回はその内容を書いていきます。

D-subとは

D-subの接続面

接続部がピン(芯のようなもの)になっているコネクタの規格です。簡単にいうとコンピューターとその周辺機器を接続するものです。D-subはピン数毎に以下の様なものがあります。

・9pin(DE-9コネクタ):シリアルポート接続で使用される

・15pin(DE-15コネクタ):VGAとして映像を映し出す際に使用される

・25pin(DB-25コネクタ):シリアルポートやパラレルポート接続で使用される

VGAとは

VGAケーブル

D-subの中でピン数が15の端子を指します。ディスプレイケーブルとしてコンピューターの映像をモニターへ映し出す際によく使用されます。最近では映像だけでなく音声にも対応したHDMIが主流となってきています。

上記の通り、VGAはD-subの一種になります。

主流はHDMI

HDMIのケーブル

これまで紹介したD-sub(VGA)は、今や古い接続方式となりつつあります。最近では、ほとんどのノートPCからD-subが消え、HDMI端子がついています。HDMIがなくても、以下のような機器を使用すれば、USBをHDMIに変換し接続することが可能です。

HDMIは映像だけでなく、音声にも対応している主流の規格です。最近ではパソコンのモニターだけでなく、テレビやゲーム機に関してもHDMIで接続できる機器が増えてきました。パソコンにHDMIがないのであれば、この様な機器も検討してみてください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします