LANの規格で主流となっているイーサネット(Ethernet)と無線(Wi-Fi)の違いについて紹介します。これらは米国の電子技術に関する学会、IEEE(アイトリプルイー)のLAN標準化を目的として設立された「IEEE802委員会」によって策定されました。

イーサネット(Ethernet)

有線の規格です。社内や自宅のLAN環境では、イーサネット規格のひとつであるIEEE802.3(アイトリプルイーハチマルニテンサン)が使用されています。基本的にはLANケーブルに関する規格だと覚えておきましょう。



無線(Wi-Fi)

無線の規格です。社内や自宅のLAN環境では、無線規格のIEEE802.11(アイトリプルイーハチマルニテンイチイチ)が使用されています。基本的には無線通信に関する規格だと覚えておきましょう。



まとめ

両者ともLANを構成するための規格であり、イーサネットは有線、無線(Wi-Fi)は無線となります。

よろしければTwitterのフォローをお願いします