パソコンのデータ保存に使用されるハードディスク(HDD)の廃棄方法と、解体するための道具(工具)について紹介します。パソコンを廃棄する際は、会社の情報や個人情報を漏らさないためにも、処分の仕方をしっかり覚えておきましょう。

ハードディスクの廃棄方法

ハードディスクを破棄する際は後からデータを見られないよう、ある程度解体(破壊)しておくことが推奨されています。まずは専門の工具を使い、外のカバーを外してディスクが見えるようにします。

 

カバーが外せたら、ディスクにマイナスドライバー等で強めに傷をつけます。こうすることで後からデータを復元される可能性は極めて低くなります。あとは管轄のルールに従い、ハードディスクを廃棄します。

解体するための工具

ハードディスクは一般的な工具(プラスドライバー等)で解体することができないため、専用の道具が必要となります。ハードディスクのネジは写真のような星型になっていることが多いため、これを外せる工具が必要となります。

 

星型のドライバーがあれば何でもいいですが、私は以下を使用しています。価格も安く、性能も必要十分です。

[amazonjs asin="B07G2PNDVZ" locale="JP" title="Fujiway 精密ドライバーセット 83 in 1 修理ツール 磁気スクリュードライバー ドライバーセット 修理・開腹・分解・修復用 収納袋付き (60 in 1)"]

 

上記は少々チープな造りですが使いやすいです。もしデザインや高級感を求めるのであれば下記なんかでもいいでしょう。

[amazonjs asin="B075RB7RSF" locale="JP" title="Xiaomi mijia Wiha洗練されたドライバーセット 24本組 マグネット吸着収納 アルミニウム合金 (iPhone/WiiU/時計/PC/デジカメ/精密電子製品) 修理キット"]

 

パソコンを廃棄する機会ができた際は、上記のような製品を購入しておきましょう。

よろしければTwitterのフォローをお願いします