HDMIとVGAの違いを紹介します。また、パソコンを購入する際にどちらの端子があった方が良いかについても書いてきます。

1. 機能

HDMIは音声に対応しているが、VGAは非対応です。

例えばノートPCの映像をモニターへ移し出す際に、ノートPCとモニターをHDMIで繋げばモニターから音が流れますが、VGAではモニターから音が流れません。※モニターが音声出力に対応している前提

HDMIは音データの送受信に対応しているデジタル信号を扱っていますが、VGAは非対応のアナログ通信を扱っていることが理由となります。

 

 2. 形状

HDMI

 

細い金属質の端子となっています。差し込み部が小さいため、机上でもそこまで邪魔になることはありません。

 

VGA

端子の先がトゲみたいになっており、差し込んだら左右のねじを回して固定します。

 

3. パソコン購入時のポイント

特に理由がなければHDMIがついている機種の購入をおすすめします。

音声に対応し大きさがコンパクトであるため、VGAより使いやすいです。最近のパソコンはVGA端子がなくなりつつありますが、購入する際はHDMIなのかVGAなのかを確認しておいた方がいいでしょう。

よろしければTwitterのフォローをお願いします