HDMIとVGAの違いを紹介します。また、パソコンにHDMIがない場合の対象方も合わせて書いていきます。

1. 機能

HDMIは音声に対応しているが、VGAは非対応です。

例えばノートPCの映像をモニターへ移し出す際に、ノートPCとモニターをHDMIで繋げばモニターから音が流れますが、VGAではモニターから音が流れません。※モニターが音声出力に対応している前提

HDMIは音データの送受信に対応しているデジタル信号を扱っていますが、VGAは非対応のアナログ通信を扱っていることが理由となります。

 

 2. 形状

HDMI

 

細い金属質の端子となっています。差し込み部が小さいため、机上でもそこまで邪魔になることはありません。

 

VGA

端子の先がトゲみたいになっており、差し込んだら左右のねじを回して固定します。

 

3. パソコンにHDMIがない場合の対処法

HDMIがなくても変換アダプタを使えば、HDMI接続することが可能です。以下は私が使用しているUSB端子をHDMI端子に変換する機器です。今のところ不具合もなく動作しています。

最近のパソコンはVGA端子が消え、HDMI端子が主流になってきました。とはいえ稀にHDMIがないパソコンを見るため、型落ち製品や中古品を購入する際はHDMI端子の有無を確認した方が良いでしょう。

よろしければTwitterのフォローをお願いします