私は去年まで紙の本を購入していましたが、今年からKindleの電子書籍に切り替えました。電子書籍での購入は様々なメリットがあります。今回は私が電子書籍にして良かったと思う理由を5つ紹介します。

1. 本が増えない

部屋に本がたまりません。また、物がないため本棚を購入する必要もなければ置き場を確保する必要もありません。本は意外とスペースをとるので、端末1台で何百何千冊の書籍を保管できることは大きな利点です。

2. 管理がしやすい

書籍一覧から対象の本をすぐ見つけられるため管理が楽になります。私は本が増えてくると押し入れにしまっていたため、そこから本を引っ張り出すのはかなり大変でした。読みたくなったときすぐ読める状態にある電子書籍は非常に使いやすいです。

3. 荷物にならない

本を持ち歩かないため荷物になりません。また、何冊かの本を持ち歩いている人からすると、1つの端末で複数冊の本を読むことができる電子書籍は、それだけで大きなメリットとなります。

4. 複数の機器から読める

KindleだとiPhoneやAndroidのスマートフォンはもちろん、パソコンやタブレットでも電子書籍を読むことができます。また、1つのアカウントを複数の端末に登録できるため、様々な場所から本を読むことができます。

5. 勉強しやすい

参考書を見ながらパソコンで勉強する際、マルチ画面で片側に本を表示させると学習しやすいです。本だと勝手にめくれたり、いちいち本に目をやらなければならないため、非常に使いづらいです。プログラミング等を学習するのであれば、片面のサンプルソースを見ながら片面でコーディングといった使い方ができるため、とても便利です。

まとめ

これまでずっと紙の本だった人は慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、まずは1冊からでも電子書籍を試してみるといいでしょう。

よろしければTwitterのフォローをお願いします