URLの先頭に表記される「http」と「https」の違いについて紹介します。この違いを知ることで、個人情報の漏洩や、詐欺サイトに引っかかるリスクを減らすことができます。是非、この機会に本記事を読んでみてください。

httpとhttpsの違いとは

サイトとの通信内容について、暗号化されないのがhttp、暗号化されるのがhttpsです。難しいのでhttpsのサイトはより安全な通信ができるサイトと覚えておけばいいです。また、サイトとhttpsで通信することをSSLといいます。

httpsのメリット

例えば商品の申込みサイトで氏名や住所等の個人情報を入力した際、サイトの運営側に送られるデータが暗号化されるため、内容を盗聴されるリスクが軽減されます。

また、httpsはある所定の手続きを完了させないと設定することができません。よってhttpsで通信されているサイトはある程度信頼できます。

注意点とまとめ

httpsであれば必ず安全かというと、そうではありません。httpsはあくまで送信するデータが暗号されるだけで、送信先が偽りのサイトかどうかまで判断できません。最近では、こういった詐欺サイトもhttpsになっているため、自身で見分ける必要があります。

サイト上で個人情報を入力する際は、「大手であればドメインは正式なものか(よく見るとトップレベルドメインが違ったり、1文字違いだったりします。)」、「あまり見ないサイトであれば詐欺や不評の口コミはないか」といったことを合わせて確認するといいでしょう。

よろしければTwitterのフォローをお願いします