Office365と同時にインストールされるMicrosoft Teamsというアプリがあります。この記事ではMicrosoft Teamsで「うざい」といわれる下記の挙動に対する対処法をご紹介します。

 

①「Microsoft Teamsが勝手に起動する」
→パソコンを起動する度にウィンドウが立ち上がり毎回閉じるのが面倒。アプリを勝手に起動させないようにしたい。(自動起動の停止)

②「Microsoft Teamsを削除しても再起動後、勝手にインストールされる」
→アプリを削除しても再起動後に復活するためアンインストールできない。パソコンから完全にアプリを消去したい。

① Microsoft Teamsを勝手に起動させない(自動起動停止)設定手順

・Cortanaで "スタートアップ" と入力し、「スタートアップ アプリ」を選択

Cortanaからスタートアップアプリの起動

 

・アプリの一覧からMicrosoft Teamsの自動起動を「オフ」にする

「オフ」になったMicrosoft Teamsのスタートアップ項目

 

これで再起動後にアプリが自動で起動しなくなります。

② 勝手にインストールされるMicrosoft Teamsを完全にアンインストールする手順

Microsoft Teamsをアンインストールするためには、「Teams Machine-Wide Installer」というアプリも合わせてアンインストールする必要があります。これをしないと、再起動後に削除したはずのMicrosoft Teamsが復活してしまいます。

・Cortanaで "アプリと機能" と入力し、「アプリと機能」を選択

Cortanaにアプリと機能が入力された画面

 

・アプリの一覧から「Microsoft Teams」をアンインストール

アプリと機能一覧に表示されたMicrosoft Teams

 

・アプリの一覧から「Teams Machine-Wide Installer」をアンインストール

アプリと機能一覧に表示されたTeams Machine-Wide Installer

 

これで再起動後もMicrosoft Teamsが復活することはありません。

よろしければTwitterのフォローをお願いします