Microsoft Office2016のパッケージ版で、製品名に「Premium」と付いた製品の概要を紹介します。パッケージ版は「Personal」、「Home and Business」、「Professional」の3種類があります。今回はその中で「Premium」と付いた製品の概要を書いていきます。

「Premium」はプリインストール版

製品名に「Premium」と付いているものは、Office2016のプリインストール版となります。プリインストール版とは、パソコン購入初期からインストールされている製品のことです。

ちなみに製品名としては「Personal Premium」、「Home and Business Premium」、「Personal Premium」と表示されます。

「Premium」のメリット

Office2016を単体で購入するより、低価格であることが多いです。新品でパソコンを購入する際に、最初からOffice2016が付いているものはほとんどがプリインストール版です。

「Premium」のデメリット

別のパソコンへライセンス移行ができません。「Premiumu」でない製品(単体で購入した製品)であれば、パソコンを入れ替える際にOfficeも合わせて移行することが可能です。

まとめ

ネットサーフィン程度であれば「Premium」でも大丈夫ですが、パソコンを入れ替えて使用することがありそうな方は「Premium」以外がいいと思います。中古商品を購入する際は、付属のOfficeがどちらなのか確認しておきましょう。

よろしければTwitterのフォローをお願いします