MicrosftOffice2019をインストールし、Word2019やExcel2019を使えるようにします。

 

今回はパッケージ版(永続版)のインストール手順になります。また、Windowsにインストールする場合、バージョンが「Windows10」でないとインストールできないため注意してください。

1. Microsoftアカウントの作成

タブレットに出力されたログイン画面

Office2019を利用する場合は、Microsoftアカウントを取得する必要があります。作成手順は以下の記事を参考にしてください。 ※既に取得済みの場合はスキップしてください。

2. ライセンスのプロダクトキーを購入

本とお金のイラスト

利用するアプリ(ExcelやWordなど)に合わせて、取得するライセンスを選ぶ必要があります。一般の方がよく利用するのは以下の3種類になります。

※以下の商品リンクから購入する場合は、そのままオンラインコードを購入してください。

Office Personal 2019

含まれるアプリ:Word Excel Outlook

価格は一番安いですが、PowerPointが含まれていないため、プレゼンテーション等を確実に利用しない方だけこちらを選んでください。


Microsoft Office Personal 2019 (最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10|PC2台

Office Home & Business 2019

含まれるアプリ:Word Excel PowerPoint Outlook

基本的なOfficeアプリが揃っているので、ほとんどの方が「Office Home & Business 2019」を選ぶかと思います。


Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

Office Professional 2019

含まれるアプリ:Word Excel PowePoint Outlook Publisher Access

PublisherとAccessが含まれています。チラシ作成やデータ管理でアプリが必要な方はこちらを選んでください。


Microsoft Office Professional 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10|PC2台

3. プロダクトキーをMicrosoftアカウントに紐づけ

プロダクトキーを取得したら、Microsoftアカウントに紐づけます。紐づけはこちらの画面から実施できます。

MicrosoftアカウントOfficeプロダクトキー紐づけ

 

① Microsoftアカウントを使ってサインイン

Microsoftアカウントを指定します。プロダクトキーがこのアカウントに紐づくので、次回からはアカウントにログインすることで再インストールも可能です。

 

② プロダクトキーの入力

Amazonで購入したオンラインコードのプロダクトキーを入力します。一度紐づけると、別のアカウントに変更できないので注意してください。

 

③ Officeの取得

画面の指示に従いOffice2019をインストールします。

 

オンラインで取得したプロダクトキーの確認方法、インストールの流れについて、以下の動画が詳しく解説しているので、参考にしてください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします