Outlook2016で「接続しているサーバーは、確認できないセキュリティ証明書を使用しています。対象のプリンシパル名が間違っています。」といったエラーが表示される場合の対処法を紹介します。

※以下の画面がOutlookを開くたびに表示されてしまうので、今回はこれを表示させないようにします。

対象のプリンシパル名が間違っていますエラー画面

 

「対象のプリンシパル名が間違っています」改善手順

・ファイルから「アカウント設定」を選択

Outlookのファイルメニュー画面

 

・対象のアカウントで「修復」を選択

Outlookのアカウント設定画面

 

・詳細オプションの「自分で自分のアカウントを手動で修復」をチェックし「修復」を選択

Outlookのアカウント修復画面

 

・「受信メールサーバー」と「送信メールサーバー」欄に"〇〇〇.sakura.ne.jp"のドメインを入力し「修復」を選択 ※ここが独自ドメインだとプリンシパルエラーがでるようです。

OutlookのPOPアカウント設定画面


・修復完了画面が表示される

Outlookのアカウント修正完了画面


これで次回以降はプリンシパルエラーが表示されなくなります。

 

設定しても「対象のプリンシパル名が間違っています」と表示される場合

もし改善されない場合は「POPアカウントの設定」で以下2項目のチェックを外してみてください。

・「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」

・「セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要」

OutlookのPOPアカウントにてチェックを外す箇所


もし、上記でエラーが解消される場合はメールの送受信経路でSSLに対応していない箇所があるかもしれません。 SSLを使用しなくてもメールの送受信は可能ですが、セキュリティリスクは高くなるため、何かしらの対策を講じる必要があると思います。

よろしければTwitterのフォローをお願いします