Outlookでメールの最後にあらかじめ設定した署名(定型文)を自動挿入する方法を紹介します。設定しておくことで、「名前(会社名)」「メールアドレス」「住所」「電話番号」といった情報を毎回入力する必要がなくなり、メールの送信を効率化できます。

1. Outlookで署名を自動挿入する設定手順

・ファイルメニューから「オプション」を選択

Outlookのファイルメニュー

 

 

・「オプション」を選択

Outlookのオプションメニュー

 

 

・メールタブの「署名」を選択

Outlookメールタブの署名メニュー

 

 

 

・署名を作成するアカウントを指定して「新規作成」を選択

Outlook新規署名作成

 

Outlookの署名はアカウントごとに作成されます。すなわち、作成した署名は対象のアカウントでのみ使用することが可能です。複数のアカウントをOutlookに追加している場合、各アカウントごとに署名を作成する必要があります。

 

 

・署名の名前を任意で設定し「OK」を選択

Outlook署名の名前設定

 

 

・作成した署名を自動挿入先に指定し、挿入する文章を入力して「OK」を選択

Outlook署名内容の設定

 

署名の自動挿入先は2種類あります。用途に応じて設定してください。

「新しいメッセージ」:新規メールに指定した署名を挿入します。

「返信/転送」:返信と転送のメールに指定した署名を挿入します。

 

 

・次回以降、署名が自動で挿入される

Outlook署名自動挿入

2. メールごとに署名を切り替えて挿入する手順

署名は1つのアカウントで複数登録することが可能です。その際、メールごとに署名を切り替えて挿入する場合は手動で設定する必要があります。

 

・署名をもう一つ作成し、自動挿入先を両方とも (なし) にして「OK」を選択

Outlook署名の挿入先

 

 

・新規メールを立ち上げ、メッセージタブの「署名」から挿入する署名を選択

Outlook署名の手動挿入

 

 

・選択した署名が挿入される

Outlook署名出力

よろしければTwitterのフォローをお願いします