pingコマンドを継続的に出し続けるオプションを紹介します。通常4回送信するとコマンドが終了してしまうので、継続的に疎通確認をする際は是非試してみてください。

・「ping XXX.XXX.XXX.XXX(送信先IP) -t」で実行

 

・継続的ににpingが送信される

 

ちなみに「Ctrl + C」で終了できます。

よろしければTwitterのフォローをお願いします