パソコン初心者がたったの1カ月でブラインドタッチを習得する方法を紹介します。これは当時、人差し指タイピングをしていた私が約1カ月でブラインドタッチを習得した方法です。ちなみにやることは2つだけです!

1. キーボード入力する指を把握

まずはそれぞれのキーをどの指で押すかを把握します。

例えば「F」は左手人差指、「I」は右手中指といったように決められています。これを頭で覚えようとしても効率が悪いので、実際にタイピングをしながら練習します。

 

ここでトレーニングにおすすめのサイトはe-typingです。その理由は、タイプキーに対してどの指で押すかを絵で教えてくれるからです。

とにかく最初はゆっくりキーボードを見ながらでいいので、1つ1つのキーを決められた指で押すクセをつけます。

慣れてきたらキーボードをできるだけ見ないでタイピングし、すべてのキーがキーボードを見なくても押せるようになるまで練習します。

2. 音楽(歌詞タイプ)やタイム制限があるアプリでひたすら練習

あとはひたすら練習するだけです。ここで大切なことは怠けず1カ月続けることです。なので私はTyping Tube (タイピングチューブ)で練習することをおすすめします。

Typing TubeはYouTubeの音楽に合わせて、歌詞をゲーム感覚でタイピングするサイトです。自分の好きな曲を聞きながら口ずさんでタイピングできたりするので、楽しく続けることができます!

音楽をあまり聞かない人には寿司打がおすすめです。寿司打は回転寿司をイメージしたタイピングフラッシュアプリです。寿司が回りきってしまう前(制限時間内)にお題の文章をタイピングしてお皿(スコア)をためていくシンプルな内容ですが、結構おもしろいです!

まとめ

ブラインドタッチを習得するために大切なことは練習を毎日続けることです。そのために、上記で紹介したアプリ以外にも、自身が楽しんで取り組めるアプリをぜひ探してみてください!

よろしければTwitterのフォローをお願いします