SoftBank(ソフトバンク)が新たなデータ通信プラン「ウルトラギガモンスター+(プラス)」の受付を2018年9月6日から開始すると発表しました。私もソフトバンクユーザーなのでプランの内容を確認しましたが、かなりお得なプランだと思います。

最近、日本の携帯料金が高いということで、国から各キャリアへ料金引き下げ対応を迫るといったニュースをよく見ますが、その影響かもしれません。

なので今回は、今話題のウルトラギガモンスター+に関する概要や個人的にお得だと感じた点を含め、詳しく書いていこうと思います。

1. プラン概要と料金

通話基本プランとデータ定額50GBを合わせて3,480円/月~から契約できるプランです。ちなみに3,480~というのは家族割みたいなもので

・4人以上で使う:3,480円/月

・3人で使う  :3,980円/月

・2人で使う  :4,480円/月

・1人で使う  :4,980円/月

といった料金体系になっています。

 

ですが契約について4つ注意点があります

1)2年目は月額料金が+1,000円となる

2)プラン変更での利用は2018年11月以降受付開始予定

3)通信料の繰り越しはない

4)機種を購入する必要がある

この 4)について、これまで機種代が「月月割」という割引で相殺されていましたが、このプランでは割引が適用されません。よって機種代は上記の金額と別に支払うこととなります。(分割払いも可能です。)

例えば、1人でiPhone X(131,040円:5,400円/月×24カ月)をこのプランで契約すると

10,380円/月(2年目は11,380円/月)となります。私の携帯料金がデータ通信5GBプランで約8,500円/月なので、2,000円多く払って通信料が10倍になると考えればとてもお得です。

2. 特定のサービスはデータ消費されない

YouTubeやLINEといった特定のサービスについては、データ通信として50GBから消費されません。具体的には以下のサービスが対象となります。※サービス内で対象外となるケースがあります。

・YouTube
・AbemaTV
・TVer
・GYAO!
・Hulu
・LINE
・Instagram
・Facebook

私はYouTubeをよく見るため、このプランで契約すれば場所を気にすることなく、好きなだけ動画を見ることができます。また、テザリングで別の機器からデータ通信したとしても、ギガノーカウントとなります。

個人的には上記のサービスに「Amazon プライム・ビデオ」があったら本当に最高でした。ですが対象外だとしても月50GBあるため、そこまで問題になりません。

3. 家族割引の対象が広い

最初に紹介した家族割引ですが、親族でなくても家族割引が適用されます。割引が適用されるケースと確認書類は以下となります。

・同居中の家族、親戚:同住所が確認できる本人確認書類

・離れて暮らす家族、親族:本人確認書類と家族を証明できる書類(戸籍謄本や住民票)

同居中のパートナーや友人(シェアハウスもOK):同住所が確認できる本人確認書類

上記に該当するのであれば、最大2,000円割引となるため利用しない手はありません。

まとめ

今回の発表についてはあくまで新規契約限定となっています。ほとんどの方は現契約期間中だと思うので、プラン変更できるのはまだ先の話になりそうです。

私は携帯だけだとデータ通信量が足りないため、別でWiMAXのポケットWi-Fiを契約しています。ですが今回のサービスと比較すると、価格が安いことはもちろん、持ち運ぶ機器が減るため、2018年11月のプラン変更でポケットWi-Fiを解約しようかと思います。

よろしければTwitterのフォローをお願いします