同一URLで遷移するページを計測する際のタグマネージャー設定方法を紹介します。例えば、資料請求フォーム等で「入力」「確認」「完了」画面が同一のphpで書かれている場合は、URLが全て同じになってしまいます。

今回はこういった状況で、各画面に対し仮想ページビュー(virtual pageview)を設定し、仮のURLを作成することで計測できるようにしていきます。

1. 仮想URLの決定

各画面に対応した仮想のURLを決めます。今回は入力を「input」、確認を「confirm」、完了を「thanks」とします。そうすると資料請求ページのURLが「https://abc.com/shiryo/index.php」であるなら

入力:「https://abc.com/shiryo/input」

確認:「https://abc.com/shiryo/confirm」

完了:「https://abc.com/shiryo/thanks」

となるように設定していきます。

2. タグの追加

既存のタグマネージャータグとは別にタグを追加します。挿入する場所は、<!-- End Google Tag Manager -->の直前か直後あたりがいいと思います。そこに下記コードを追加します。

・入力

・確認

・完了

 

3. タグマネージャーの設定

タグマネージャー側の設定をしていきます。

・変数タブで組み込み変数の設定から赤枠で囲まれた5つの変数にチェックを入れる

 

・変数タブでユーザー定義変数の新規から、各項目に入力して保存を選択

 

変数名:任意(今回はtrackPageviewとしました。)

変数のタイプ:データーレイヤーの変数

データレイヤーの変数名:trackPageview

データレイヤーのバージョン:バージョン2

 

・変数タブから同様にもう一つ変数を作成

 

変数名:event

変数のタイプ:カスタムイベント

 

・トリガーで新規から、各項目に入力して保存を選択

 

トリガー名:任意(今回は資料請求としました。)

トリガーのタイプ:カスタムイベント

イベント名:loadready

このトリガーの発生場所:一部のカスタムイベント

条件:「page URL」「含む」「(対象のURL)」

 

・タグで新規から、各項目に入力して保存を選択

 

タグ名:任意(今回は資料請求としました。)

タグの種類:ユニバーサルアナリティクス

トラッキングタイプ:ページビュー

オーバーライド:有効

トラッキングID:アナリティクスのID

フィールド:フィールド名「page」、値「{{trackPageview}}」

トリガー:今回作成したトリガー

 

補足ですが、この設定をした後に既存のタグから作成したトリガーを除外する必要があります。除外しないと、資料請求の計測が2倍で集計されてしまうからです。

タグの設定でトリガーの項目から「例外を追加」もできるようですが、私の環境で正しく機能しなかったため、下記の方法で新規トリガーを作成し既存タグのトリガーと入れ替えました。

 

トリガー名:任意(今回は資料請求除外としました。)

トリガーのタイプ:ページビュー

トリガーの発生場所:一部のページビュー

条件:「page URL」「含まない」「(対象のURL)」

まとめ

資料請求等はアナリティクスで目標設定することが多いため、今回のように同一のURLで遷移してしまうと、各画面ごとの計測を実施することができません。そういった際は仮想ページビューを作成し、集計できるよう設定しましょう。

 

よろしければTwitterのフォローをお願いします