パソコンにVGAしかなく、HDMIが使えない場合に使用できる変換ケーブルについて紹介します。その前に、HDMIが使えない場合にVGAを無理やり変換する必要はなく、USBから変換することも可能です。ちなみに、HDMIとVGAはそれぞれ以下の形状を指します。

※今回はパソコンの映像をモニターに映し出すことを想定しています。

パソコンのHDMI端子とVGA端子

USBからHDMIへ変換するケーブル

特にこだわりがなければ、VGAではなくUSBからHDMIに変換した方が良いです。理由としては、接続する端子が少なく済むからです。後ほどVGA変換タイプを紹介しますが、基本的に複数の端子からHDMIへ変換する必要があります。

 

以下は私が使用しているUSBからHDMIへ変換する機器です。価格も安く、安定して使えています。

VGAからHDMIへ変換するケーブル

あまりお勧めはしませんが、VGAからHDMIに変換することも可能です。以下の商品画像を見て分かる通り、パソコン側に接続する端子が複数あり少し面倒です。パソコンのUSB端子がなかったり、別の用途で常に塞がっているようであれば、こちらを利用してもいいでしょう。

 

VGAからHDMIは少しクセ(音声非対応のVGAを音声対応のHDMIに変換するため)があり、モノによっては変換されないこともあります。以下は私が使用してるケーブルで、問題なく動作しています。楽天は少し高いですが、Amazonなら安価です。

ここで紹介した機器以外では、USBをつながなくても(VGAとイヤホンジャックだけ)HDMIへ変換できるタイプがあるようです。気になるようであれば、そちらを試してみてください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします