Windowsでファイルを削除したときに、ごみ箱へいかずそのまま削除されデータが残らないようにする方法を紹介します。

・ごみ箱の右クリックメニューから「プロパティ」を選択

 

・「ごみ箱にファイルを移動しないで...」を選び「OK」を選択

 

以上で設定は完了です。今後は削除したファイルがごみ箱へいかず完全に削除されます。

よろしければTwitterのフォローをお願いします