WindowsOSで電子証明書をインポートする手順を紹介します。セキュリティのため、電子証明書のインストールを依頼されることがあるので、その際は本記事を参考にしてみてください!

・Cortanaで「インターネットオプション」を検索し選択

 

・コンテンツタブの「証明書」を選択

 

・インポートする対象を選択し「インポート」を選択

 

・「次へ」を選択

 

・参照から対象の証明書ファイルを選択し「次へ」を選択

 

・証明書ストアに選択したストアが出力されていることを確認し「次へ」を選択

 

・「完了」を選択

 

以上で証明書のインポートは完了です。途中でパスワードを入力するようなケースもありますが、その際は連携されたパスワードを入力してください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします