Windows10に標準で搭載されている付箋機能「Sticky Notes」を使って、デスクトップにメモを残す方法を紹介します。

 

付箋「Sticky Notes」は、Windowsに最初からインストールされているフリーのアプリであるため、無料で使用できます。また、使い方も非常に簡単なので、ぜひ試してみてください。

Windows10の「付箋」について

Windows10のデスクトップに貼られた付箋

Windows10の付箋「Sticky Notes」は、デスクトップに付箋を貼ってメモを残すためのアプリです。Windows7では「付箋」でしたが、Windows10のAnniversary Upgradeから「Sticky Notes」に名前が変更されました。

 

冒頭でも記載した通り、Sticky Notesは無料で使えるWindows10の標準アプリになります。扱いやすく非常に便利であるため、まだ紙の付箋をパソコンに貼っている方には是非Sticky Notesの利用をおすすめします。

 

Sticky Notesはこれまで定期的にバージョンアップがあり、今後もさらなる機能追加が予想されます。

Windows10 付箋の起動方法

Sticky Notesの起動方法をいくつか紹介します。

Cortanaから起動

CortanaもWindows10から搭載された優秀な機能です。キーワードを入力し、該当するアプリを起動することができます。

 

Cortanaはデスクトップ左下に検索窓があり、そこに「sti...」と入力しSticky Notesを選択するとアプリが起動します。

Cortanaにstiと入力

スタートメニューから起動

スタートメニューはWindows10にインストールされているアプリが一覧表示される場所です。

 

デスクトップ左下のスタートメニューボタンを押して、「S」のところまでスクロースしSticky Notesを選択するとアプリが起動します。

スタートメニューに表示されたSticky Notes

より簡単に起動する方法

Windowsの機能で「タスクバーにピン留めする」を利用すると、より簡単に起動できます。

 

先ほどのCortanaにて、アイコンにカーソルを当てて右クリックで表示される「タスクバーにピン留めする」を選択します。

Sticky Notesの右クリックメニュー

 

その後は以下のように、Sticky Notesがタスクバーに表示されるため、そこから起動できます。

タスクバーに表示されたSticky Notes

 

Sticky Notesは最初にメモを登録すると、次回以降はPC起動と同時に付箋が表示されるようになります。ですが、稀に付箋が自動で起動しないこともあるため、その際はタスクバーのアイコンから起動してください。

Windows10 付箋の使用方法(基本)

基本操作として、メモの入力・追加・削除、用紙の色を設定、サイズの変更について紹介します。

メモの入力

表示されている付箋にカーソルを合わせて、テキストを入力できます。

文字が入力された付箋

入力した内容はテキスト文字を消したり、メモを削除しない限り消えません。

 

また、付箋下部のアイコンを使用することで、選択した文字を装飾したり、付箋内に画像を挿入することも可能です。

女性の写真が貼られた付箋

文字の装飾にはショートカットキーが用意されていて、以下のコマンドでも操作が可能です。

■ 太字:Ctrl + B

■ 斜体:Ctrl + I

■ 下線:Ctrl + U

■ 打ち消し線:Ctrl + T

■ リスト:Ctrl + Shift + L

 

メモの追加

付箋左上の「+」マークを選択すると、新規の付箋が追加されます。また、ショートカットの「Ctrl + N」でも追加できます。

横並びの付箋

メモの削除

付箋右上の「…」マークから「メモの削除」を選択すると、対象の付箋が削除されます。また、ショートカットの「Ctrl + D」でも削除できます。ちなみに、一度削除してしまうと元に戻すのは難しいため、注意してください。

メニューボタンに印が付いた付箋

メモの削除が表示された付箋

用紙の色を設定

先ほどのメニュー画面にて、変更する色を選択します。現時点で7色用意されていて、メモ毎に色を指定することができます。

付箋の色を選択する画面

サイズの変更

付箋の隅にカーソルを当てると、そこからサイズを変更することができます。

付箋のサイズを変更

Windows10 付箋の使用方法(応用)

応用操作として、メモの管理・共有について紹介します。

メモの管理

付箋の数が増えてくるとデスクトップが埋もれてしまい、対象のメモが探しにくくなります。そのような時は、管理画面にてメモを一覧表示しましょう。

メモの一覧を表示

一覧表示されたメモ

 

また、検索窓でワードを指定すると、そのワードが含まれる付箋を素早く見つけることもできます。

指定ワードの含まれたメモ

メモの共有

Microsoftアカウントを使用することで、メモをクラウドに保存し共有することができます。アカウントの反映は管理画面の設定から実施できます。

付箋管理画面の歯車マークを赤枠で囲った画面

 

「サインイン」から自身のMicrosoftアカウントでサインインをします。

 

サインインが完了すると、ローカルの付箋データがクラウドのMicrosoftアカウントに保存されます。別のパソコンで付箋を利用する際に、付箋の設定画面から同一のMicrosoftアカウントでサインインすると、付箋データを共有することができます。

Windows10 付箋のバックアップ方法

Microsoftアカウントで付箋を共有する場合は問題ないですが、ローカルアカウントで付箋を使用する場合は、バックアップしてから復元する必要があります。

 

詳細は以下の記事で紹介しているので、必要に応じて確認してみてください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします