YAMAHA(ヤマハ)ルーターの設定を学習するのに役立つ、おすすめの参考書やマニュアル等を紹介します。YAMAHAルーターはppのインターフェースやNATのディスクリプター等、初学者には難しい内容が多々あります。今回はそういった初学者向けの勉強ツールを紹介していきます。

1. 参考書の購入

参考書は1冊買っておいた方がいいでしょう。最初は参考書を読んで基本的な知識をつけておくと、後々楽になります。私は以下の本を購入しました。少々、値段は高いですが内容を完璧に網羅しています。
[amazonjs asin="4774185299" locale="JP" title="ネットワークエンジニアのための ヤマハルーター実践ガイド"]

2. ヤマハネットワークエンジニア会への参加

ヤマハネットワークエンジニア会とは、利用ユーザーによるコミュニティーサイトです。このサイトはヤマハルーターの設定等に関する技術的な内容や、情報共有の場として公開されています。私も登録していて、過去に何度か質問していますが、専門家のおかげで問題を解決することができました。

3. ヤマハネットワーク周辺機器情報ページの活用

ヤマハネットワーク周辺機器情報ページは、ヤマハルーターに関する最新の動向や製品ごとのマニュアルが掲載されているヤマハ公式サイトです。ニュースリリース、セキュリティ情報、ファームウェアの公開、設定例などのユーザーに役立つ情報が取得できます。

4. 実機の購入

実機は購入しておきましょう。configの設定は実際に作業をした方が確実に覚えられます。購入する機器としては、ある程度のスペックで価格の安い「RTX810」がおすすめです。中古であれば\15,000円程度で購入できます。

[amazonjs asin="B005TC9B7M" locale="JP" title="ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX810"]

まとめ

ヤマハルーターはお金をかけなくても学習に必要な環境が整っているため、ネットワークを最初から勉強したい方にはおすすめです。

よろしければTwitterのフォローをお願いします