YAMAHA(ヤマハ)ルーターへのシリアル接続でパスワード入力画面が表示されない場合の対処法を紹介します。パソコンがcomポートを認識していて、ターミナルからcom接続を選択できるようであれば、原因は以下の3つが考えられます。

クロスケーブルを使用していない

パソコンとYAMAHAルーターを接続するケーブルはクロスタイプである必要があります。パソコン、サーバー、ルーター等のコンピューター同士を接続する際は、原則クロスタイプでないと接続できません。

別記事で紹介したケーブルはクロスタイプであり、その商品だけで接続ができるためおすすめです。

ボーレートの値が間違っている

ボーレートとはデジタルデータをアナログデータに変換しシリアル転送する際のルールです。この設定値がパソコンのターミナルとYAMAHAルーターで異なっていると、シリアル接続することができません。

YAMAHAルーターのデフォルト値は以下になります。

スピード:9600

データ:8 bit

パリティ:none

ストップビット:1 bit

フロー制御:Xon/Xoff

※上記にターミナルの設定を合わせる、またターミナルによって英語表記であったりする

接続後に一度「Enter」を押す

接続が成功していても、最初はパスワードの入力画面にならず真っ黒のままです。ここで一度「Enter」を押すとパスワードの入力画面が表示されます。

 

接続後にパスワード入力画面が表示されない場合は上記を試してみてください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします