Googleタグマネージャーで仮想ページビューへ到達したアクセスを計測するためのトリガー設定方法を紹介します。仮想ページビューへの到達をトリガーに指定することで、Google広告等のコンバージョンを計測できたりします。

※今回はこちらの記事で作成した仮想ページビューを使用します。

 

・以下の内容でトリガーを作成し、対象のタグに紐づける

 

タグ名:任意(今回は資料請求完了Triggerとしました。)

トリガーのタイプ:カスタムイベント

イベント名:loadredy

このトリガーの発生場所:一部のカスタムイベント

条件:「trackPageview」「含む」「/shiryo/thanks(計測するページ)」

 

トリガーの作成はこれで完了です。仮想ページビューに対してコンバージョンを計測する際は是非試してみてください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします