D-subをHDMIに変換するアダプタ

D-subをHDMIに変換し映像を出力するアダプタについて紹介します。

映像出力は今やHDMIといっても過言ではないくらい社会に浸透してきましたが、未だにD-subしか使えないPCが出回っています。

そういったPCでもHDMI接続ができるよう、変換アダプタを用意しておいた方がいいでしょう。

1. パソコンに搭載されているD-sub

VGAの差込口

「D-sub」はいくつか種類があり、パソコンに搭載されているD-subは15ピンの「VGA」がメインになります。

HDMIへ変換するアダプタは基本的にこの15ピン対応のものを使用することになりますが、念のためパソコンのD-sub端子が15ピン(穴が15個)であることを確認してください。

2. D-sub(VGA) to HDMI変換アダプタ

USBのアダプタ

アダプタを購入する際の注意点としては、変換する方向を間違えないことです。

今回はD-subからHDMIに変換するので「D-sub to HDMI」といったような記載がある機器を選びます。また、映像を映し出すので「出力」に対応したものを選びましょう。※稀に「入力」対応の機器があります。

以下は私が利用している変換アダプタになります。VGAでは対応していない音声を出力する必要があるので、VGA端子の他にUSBとイヤホンジャックの端子が必要になります。

VGA to HDMI 変換ケーブル
5

3. USB to HDMI変換アダプタ

USB端子

私はD-subをHDMIに変換するくらいなら、USBをHDMIに変換した方がいいと思います。理由としてはVGAをHDMIに変換する際、結局USBを接続することになるからです。※音声出力のため

プロジェクターなどは、VGAしかない物がまだ結構あるので、そういった用途であればD-subの変換アダプタを購入してもいいでしょう。

そうでない場合はUSBの変換アダプタをおすすめします。ちなみに私は以下の機器を使用しています。

USB 3.0 to HDMI 変換アダプタ 1080P 音声出力 ブラック
5

アダプターで接続してもモニターを認識しない場合は、「マルチディスプレイを認識しない場合の対処法」をご確認ください。

【補足】

D-sub、VGA、HDMIについてより詳しく知りたい方は、以下の記事にて紹介しているので参考にしてください。

D-subとVGAの違い

HDMIとVGAの違い