Outlook2016のメールアカウント移行手順について紹介します。

 

Officeのパッケージ版や365インストール版でOutlookを利用している場合、パソコンの入れ替えや初期化と同時にデータの移行が必要になります。今回はそういった際に役立つ情報をまとめてみました。

アカウントのバックアップ

茶色い封筒に入った手紙のイラスト

ローカルにインストールして利用するOutlookの場合、メール等のデータもローカルにすべて保存されます。Outlookではこのデータを個人用ストレージフォルダー(pstファイル)でバックアップするのが一般的です。

 

データをバックアップする際は、以下の記事を参考にしてください。

データの復元

3色の手紙イラスト

バックアップの手順で取得した個人用ストレージフォルダー(pstファイル)を、移行先のパソコンへインポートすることで、以前の設定を反映させた状態に復元することができます。

 

同一のメールアカウントで引き続き利用する場合は、まず移行先のOutlookで該当のアカウントを追加します。そこへ、バックアップデータを被せて復元させます。

 

バックアップしたデータをインポートする際は、以下の記事を参考にしてください。

【補足】

仕訳ルールの移行でエラーとなるケースがあります。その際は以下の記事を参考にしてください。

 

大元のpstファイルが保存されている場所については、以下の記事を参考にしてください。

よろしければTwitterのフォローをお願いします